特色ある教育

木津校下老人クラブ連合会除草奉仕活動7/26

早朝から、老人クラブの皆さんが本校グラウンドの除草を行ってくださいました。

約50名の皆さんが1時間も除草をしてくださったおかげで、グラウンドがきれい

になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芸術鑑賞ワークショップ7/12

今年度の芸術鑑賞は「落語」です。

今日は『落語とは?寄席とは?』をテーマとしたワークショップでした。

まず、『寿限無』の落語を聞き、その後、落語についての説明を聞き、扇子や

日本手ぬぐいが箸や本等の小道具になることや、そばを食べるときの音の出し

方や仕草等を実演を交えて楽しく教えていただきました。

そして、寄席の仕組みをDVDで学んだ後、三味線や太鼓の実演があり林家三平

師匠や林家木久扇師匠の出囃子を聴くことができました。

寄席独特の文字の書き方も楽しく実演していただき、6名の児童が寄席文字を

書く体験しました。

また、代表の児童が太鼓や三味線体験等を行いました。

本番は9月に実施します。代表の児童も出演します。皆様、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものづくりデザイン科6年生7/2

6年生のものづくりデザイン科の仕上げ工程を行いました。

耐水ペーパーに水を付けて表面を磨いた後、コンパウンドで一生懸命に磨くと、顔が

映るくらいの光沢が出始め、最後にはピカピカの鏡面に仕上げることができました。

子供たちは、満面の笑顔で仕上がった作品を見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものづくりデザイン科6年生6/28

守弘勝先生を講師に迎え、6年生が漆器づくりの「貝剥き」の活動に取り組みました。

守先生からやり方の説明を受けた後、自分の作品の貝剥きに取りかかりました。

子供たちは失敗しないようにと気を付けながら、そっと表面の黒い塗膜を剥がして

いきました。

塗膜を剥がし終えると、耐水ペーパーを使って作品の表面を根気よく磨き上げてい

きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものづくりデザイン科6年生6/18

6年生のものづくりデザイン科の漆器づくりで、上塗り作業を行いました。

一旦表面が真っ黒になりますが、この後、彫刻刀で螺鈿細工の部分が出る

ように削り、その作業が終わったらいよいよ鏡面仕上げに入ります。