研修の様子

令和元年度小学校教育課程研究集会(11/7)

県西部の算数科の研究会を行いました。

1年生と4年生、6年生の授業を公開し、参観された先生方から多くの意見やアド

バイスをいただきました。

午後からは、文部科学省の教育課程調査官の笠井健一先生に、「『主体的・対話的

で深い学び』を目指す算数科の授業について」の講演会をお願いしました。

子供たちが学び合う姿が、たくさん見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校内研修会6/26

西部教育事務所角指導主事を指導助言者として招き、校内研修会を行いました。

3年生の算数「あまりのあるわり算」の授業研究を通して、研修を深めました。

ペア学習の取り入れ方やICTの効果的な活用方法等、今後の学習指導の改善に向

け、さまざまな視点で話合いを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小教研算数科部会授業研究会6/12

午後から小学校教育課程教科別研修会の算数科の授業研究を行いました。

1年生と5年生の2クラスの授業を通して、

 

研究主題

「数理的な事象に、主体的・協働的に働きかけ、考えを深めていく子供を育む

指導の工夫 ~考える楽しさを味わい、ともに学び合う子供の育成~ 」

 

を達成するために必要な学習指導や支援の在り方について研究を進めました。

 

授業が終わった後、部会ごとに授業についての課題研究を行いました。

子供たちは、大勢の大人が見守る中、臆することなく、いつもと同じように元気

よく溌剌と学習に取り組んでいました。

今回の研究を糧として、これからも課題解明に向けて取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校訪問研修会6/10

木津小学校の学校訪問研修会を行いました。

部会別研修会では、各学級の授業のよさや課題等について話し合い、指導助言の

先生方からもアドバイスをいただきました。

この研修会で学んだことを、木津っ子のさらなる健やかな成長のために生かして

いきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

救急救命法講習会6/3

日本赤十字の方を講師に迎え、教職員を対象とした救急救命法の講習会を行い、

傷病者発見からAEDの使用までの基本的な動きを演習形式で学びました。