教職員救命法講習会6/4

いざというときの人命救助に資するために毎年1回救命法講習会を行っています。

3名の方に講師として来ていただいた今年の救命法講習会のテーマは「迅速」。

要救助者の意識・呼吸・心拍の有無を1秒でも早く判断し、必要な救命法を始める

ことが何より大切であるということを学びながら実技に取り組みました。

数名がチームとなり発見者や通報者、AEDを取りに行く者など、役割分担しながら

AEDを使った心肺蘇生法を行いました。

救急隊が到着し、引き渡すまで心肺蘇生を続けることが大切だということも改めて

学びました。