令和元年度小学校教育課程研究集会(11/7)

県西部の算数科の研究会を行いました。

1年生と4年生、6年生の授業を公開し、参観された先生方から多くの意見やアド

バイスをいただきました。

午後からは、文部科学省の教育課程調査官の笠井健一先生に、「『主体的・対話的

で深い学び』を目指す算数科の授業について」の講演会をお願いしました。

子供たちが学び合う姿が、たくさん見られました。